スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
笠寺ツアー
ご無沙汰しています。ボラスタのさだおです。
みなさま、お盆はいかがお過ごしだったでしょうか?僕は絶賛お盆満喫中でございます。

さて、実は僕のチョレンジで10月に授業を1つ考えることになりました。テーマは「笠寺のお祭り」です。
「笠寺は知ってるけど行ったことがない」という話をよく聞きますが、みなさんはいかがでしょうか?
ちなみに僕は名古屋暦2年半ですが、笠寺を知りませんでした。
しかし笠寺のお祭りはとっても魅力的で、知ると参加したくなるんです。

そんな笠寺の授業を作るため、笠寺を散策してきましたのでレポートをお送りします〜。

続きます↓
笠寺のお祭りは「七所神社例大祭」と言います。
祭り囃子を中心に町内を練り歩き、その後、七所神社と丹八山に向かって練り歩くお祭りです。
文章で書くとシンプル。
シンプルなんですが、内容が特徴的なんです。いったい何がっていうと…ここからは写真で説明しましょう。

まずは囃子車。今は製作中です。↓



この囃子車、毎年作っているわけではなく、実は今回初制作。
地区のみなさんで協力して作ってます。
完成形はどうなるんでしょうか?気になる…。

さて次。これ、わかりますか?
あ、左ですよ。右じゃない!

 

彼は猩々といいます。顔が赤いのはお酒を飲んでるから。
この顔もインパクトあるんですが、インパクトは顔だけじゃないんです。

背も高い。

右側の僕が身長180cmだから猩々の高さは…。


お祭り中は囃子車の周りをうろついているんですが、途中途中でこんな風に子どもを追っかけ回します。
お酒を飲んでるからでしょうか、疲れたら道の端っこで休憩します。
見た目が怖いんだけど、休憩姿はちょっと可愛いいかもしれません。



七所神社

こちらは神楽奉納を行う七所神社。
当日は祭り囃子がそれぞれ順番に神楽を奉納します。
各地区の祭り囃子がここに集合するので大変な混雑になるとのこと。

ということで今回の散策はここまで。
笠寺のお祭りそのものの魅力、少しは伝わったでしょうか?

今回は紹介できていませんが、お祭りの歴史も深いので紐解いてみるのも面白いんです。
それは授業で先生からお話しいただきましょう。

それではー。
| 大ナゴヤ大学ボラスタ | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 23:01 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM --

Mobile

qrcode